6月開講日です



6月開講日です

○印休講日

○印のついていない日は
全て開講いたします

黄色の数字の日は全て
朝10時開講いたします


木曜、日曜も開講です

なお、6月もプライベートレッスンのご予約も受付ております。
不安な方は是非プライベートレッスンにいらしてください

また、レッスンのない時間にも
対応させていただきますので
ご遠慮なくお問い合わせください

ご予約心からお待ちしております
| - | 14:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ゴールデンウィークプログラム終了しました



5月2日から始まった

ゴールデンウィーク

スペシャルプログラムも

本日5月6日(水)で

無事に終了いたしました


期間中にいらしてくださった

お一人お一人様

本当にこんな時期に来てくださって

心より感謝申し上げます

感謝しかございません




ほとんど

マンツーマンのレッスンでした

最初は緊張する方もいらっしゃいますが
いかがだったでしょうか…えへへへ笑

| - | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

紫外線が人類を救うこれだけの根拠





 デイリー新潮は3月30日に『新型コロナ、4月終息説は本当か ウイルスを衰えさせる“湿度”と“紫外線”』という記事を配信した(週刊新潮4月2日号記事の転載)。ここで紹介しているのは、長野保健医療大学特任教授の北村義浩氏による以下の見立てだった。

「4月の紫外線はまだ弱く、ウイルスを死滅させるには日光を1時間以上当てないといけません。しかし、6月になれば紫外線量が飛躍的に増え、実験室で使う紫外線と似た効果が期待できる。本格的に終息しはじめるのは5月末から6月頭だと思います」

 紫外線が人類を救う――。とはいえ、世界からは日々、戦慄を覚えるような数字が届けられる。欧米での感染拡大状況を見るかぎり、日本にも欧米並みのロックダウンが必要だ、という声がもっともらしく聞こえる。

 日本を含めた各国の状況をまとめたのが掲載の表だが、ある医師は“楽観的な見通しが立つと考えても、外れたときにどんな非難を浴びるかわからないから”と匿名を条件に、次のように語る。

新型コロナ、紫外線が人類を救うこれだけの根拠 他国の感染状況から見る「6月終息説」

【表】新型コロナウイルス感染状況 「感染者が爆発的に増えた国、人口当たりの死者数が多い国は、これまでの季節、気温が低く乾燥していた欧米諸国ばかりなのです。一方、台湾や香港のほかタイ、ベトナムなど温暖で湿潤な東南アジア諸国は、当初は欧米諸国より感染者が多かったし、衛生環境も欧米よりよいと言えないのに、感染者の増え方は鈍い。日本もこれらの国や地域と同じ傾向と思われます」

 として、やはり紫外線の効果に言及するのだ。

「いまの世界の感染状況を見るかぎり、信憑性があると思わざるをえません」(同)

 北村氏が改めて言う。

「緊急事態宣言後、国民一人一人が徹底的に自粛できれば、最も早くてGW明けごろに新規の感染者ゼロもありえます。また、紫外線を30分当てると、コロナウイルスを無害化できることがわかっているので、紫外線の量が増える5月末から、感染者数が落ち着く可能性はあります」

 もちろん、これから冬を迎える南半球は予断を許さない状況だ。過度な楽観は禁物だが、日本に限れば、恐怖を煽る論調に流される必要もないのではないだろうか。4月9日発売の週刊新潮では、新型コロナウイルス特集「『緊急事態宣言』を生きる」を14頁にわたり掲載する。

「週刊新潮」2020年4月16日号 掲載 新潮社
| - | 15:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ステイホームの過ごし方



2020/04/30

全国的に緊急事態宣言が続いている中

皆さんは、お家タイムを

どのようにお過ごしでしょうか



部屋の片付け、断捨離をしながら

まだ完全とは言えません


まだまだ断捨離は続きますが

私は家の庭で

一休と一緒にランチか

ブランチをすることが多いです




自分で作ったご飯(残り物 笑)

たまに近くのお店で買った

サンドイッチと飲み物で

お天気の良い日は

一休と庭で食べています



くれくれ星人 一休

一休は

今年の4月22日で満1歳になりました

去年の今頃がこの状況だったら

私は犬を迎えることが

できなかったんだとつくづく

思っています

一休はワタシのもとに来るように

なっていたとしか言いようがないです

一休、本当に生まれてきてくれてどうもありがとう

そして郷子ちゃんとの
出逢いに感謝しかない。



来る日も来る日も家にいて

誰にも合わず

どこかに出かけることも決してない

感染したら困るし

感染するようなことは絶対しない




町田の先生がこう言っていた

人間の我慢はどんなに長くても3ヶ月が限度なんだそう

それ以上の我慢が続くと

うつ病を発症しやすくなるそうです

もちろんみんながみんな

うつ病になるわけではないけれども

コロナはいずれ収束しても

うつ病になってしまったら

うつ病は必ず再発しますから。



こんな状況ですので

お家で料理をするようになったり(料理とは言えない代物です)

うちで楽しく過ごす方法を考えています



一休と

家の近所をいつもよりも

回数多く散歩するようになり

一休と歩いていると

いろんな発見があったり

一休から教えてもらうことがとても多いです

一休、一緒にいてくれてどうもありがとう。これからもよろしくね
| - | 15:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

吉岡先生からメール(5)



佐藤江利さま

おはようございます。お元気にお過ごしと存じます。

私もあい変わらずの毎日ですが元気にしています。

昨日(4月26日)朝日新聞 天声人語 を読み、皆様とお話をしたいと思い、 ここに書き連ねてみました。

「人類の長い歴史の中で、古来から人間の定義はさまざまなされてきた。

直立する存在、知恵を持つ存在、笑う存在そして加えて断言できることは、”移動する存在”である。

目的があってもなくても、移動そのものを求めるところが私たちにはあるのではないか。

だからこそ人類はアフリカから世界に渡り、鉄道や飛行機をつくってきたようにも思える。

そんな”移動”の本分を取り戻す日は必ずくる。

なるだけ早まるように、今は我慢の日々である。」

そしてもうひとつ、河合隼雄氏の言葉から

< つまずきイコール発展 >

いきているからには、悩んだりつまずいたりすることもある。 仕事上のつまずき、環境の変化による悩みなど、 「もめごとなしに物事が運ぶことはない」とこの頃思うようになりました。

そしてつまずきつつ発展していくのだと思います。

より正確に言いますと、つまずきイコール発展なんですね。

素晴らしい発展は同時に大きな苦しみを伴う。その時大切なことは、「嵐もいつか終わる時が来る」と希望を失わないこと。

その苦しみをちゃんと引き受けること。自分のやっていることは無意味と思わないこと。

そんな中で、人間は心を使って「生きる」という大事業をやっていくのだと思います。





なかなか先の見えない今の苦しい状況ですが、今、私たちは守るべきことを守って、この苦しさを乗り越えることで、必ず光を見ることができると思っています。

皆様!なんとかして頑張りましょう。!

お身体には十分に気を付けてお過ごしください。

お会いできる日を心から楽しみにしています。

吉岡瑛子
| - | 16:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

マスクをいただきました



4月22日(水)

夜のレッスンにいらしてくださっている
i様の手作りの可愛らしいマスク

2枚もいただきました〜



鼻の部分にはワイヤーを入れてあり

プリーツもちゃんと作ってくれていて

引っ張ると顔にぴったり沿い

耳の所も痛くないよう

調整ができるようになっていて

すごく使い心地がよかったです

見た目も可愛くおしゃれで

毎日手洗いして

清潔で、ずっと使えます

とってもうれしかったです

i様ありがとうございました

| - | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

スズランのお花をいただきました



4月21日(火)

朝10時のレッスンに

いらしてくださったA様から

こんなに可愛らしい

見事なスズランをいただきましたbr />




A様のお気持ちが大変うれしく

かわいいスズランが

心を和ませてくれます




早速、スズランを花瓶に生けました

A様のお気持ちや

お心遣いが心に沁み入ります

A様、本当にありがとうございました

| - | 18:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

吉岡瑛子先生からメール(4)



佐藤江利さま

おはようございます(もう、こんにちは!の時刻ですね)。

お元気と思っています。

昨日の朝日新聞(4月17日)から龍谷大教授、鍋島直樹氏のお話しをお伝えしたいと思いました。

コロナウイルスの問題から、海外の感染症対策の複数の専門家が、合掌を挨拶としていることが話題になっているそうです。

ヨーガの発祥地インドでは、合掌をして「ナマステ」と挨拶します。

「ナマス」は「南無阿弥陀仏」の「南無」も同じ、疑いなく信ずる、心から敬う、という意味を持っています。

「テ」は「あなた」のこと、相手を心から信じ敬うということを意味します。

手をあわせるということは、手のひらに何も持っていないことを表し、相手に対して敵意がない、相手を尊敬していることを表します。逆に拳を握っていれば相手は敵になってしまう。

「合掌」は「感謝」を伝えることができ、時には「すみません」の気持ちを表すことにもなります。

相手を思っている、相手に感謝している、相手を心配しているという気持ちを、相手に触れなくても伝えられるのです。

感染拡大で身体的接触が避けられている今、「合掌」には単なる挨拶以上の意味がありそうです。

困難に対して、私たちは無力だと感じる時がありますけれど、手を合わせて心配することはできます。

合掌が相手のことを深く思うことにつながればと思います。

皆が疑心暗鬼ななっている今こそ、特にそう思います。





  以上は現在ご住職でもある鍋島氏のお話しでした。

多くの宗教の祈りの言葉としての

NAUM(ナム)−仏教 AUMEN(アーメン)−キリスト教 AUMIN (アーミン)−イスラム教

は、ヨーガで唱えるAUMがベースになっていると伝えられ、AUMはその基音と伝えられています。(以上蛇足ながら)

取り立てて言葉は無くても、合掌して相手の顔を見るだけのしぐさでも、心を通じ合わせることができ、優しさが広がると思います。

皆で心も合わせて何とかこの状況を乗り切りたいと切に思います。

吉岡瑛子
| - | 19:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

2020年ゴールデンウィーク スペシャルプログラム




今年もゴールデンウィーク

スペシャルなメニューで行います

朝10時から90分のレッスンです

もちろんコロナウィルス対策は万全にしておりますからご安心ください

上記の時間以外で

ご不安な方は

マンツーマンのレッスンを

させていただきますので

お気軽にお問い合わせ下さい

または2人1組のお友達同士も承ります

長引く自粛生活で、

ゴールデンウィークは

職場がお休み、

でも出かけられない

体を動かしたい!

と言う方には

もってこいです

当教室のヨーガを

ご利用なさってみませんか?

またマスクをずっとつけていますから
知らず知らずのうちに大頬骨筋が下がり
顔の筋肉が下がり

シワやたるみの原因になっていることもございます

今回は、フェイシャルヨガ

を入れておりますので

ぜひ、覚えてお家で顔の筋トレを

継続すると、

脳トレにもつながり

顔のリフトアップが

かなり期待できますよ

ご予約を心からお待ちしております
| - | 15:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ほとんど家にいます(当たり前)



みなさんは不要不急の外出を

守っていらっしゃるでしょうか?

ワタシは決まったドラッグストア

、決まったスーパーにしか行きません

今は病院にも行かないようにしています

山梨は人口の割合には

コロナウィルスの感染者が

ハイスピードで増えているそうです

不心得者が多いと言う意味でもあります

外出を避けるようにと

言われているのですから

守りましょう

わたし1人が

ちょっと出かけるくらいは大丈夫

その辺にドライブは大丈夫

その行動がとんでもないことを
引き起こします




ゴールデンウィークが明ける

5月6日までが辛抱です

緊急事態宣言が解けるか

どうか分かりませんが

一人ひとりの行動が

この窮屈な生活を縮めるも

さらに続けるも

今の行動にかかっていることを

お忘れなく!です。

あなたの行動は誰かが見ています

ドラッグストアを何軒も

徘徊したりするのもやめましょう

もう、どこで感染するのか

わかりません

吉岡先生のメールにも書いてありますが
きのこ類を摂って

βグルカンで免疫を上げることも

大切です

ワタシは実践しています

| - | 15:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Recent comment
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM