<< マスクをいただきました | main | ステイホームの過ごし方 >>

吉岡先生からメール(5)



佐藤江利さま

おはようございます。お元気にお過ごしと存じます。

私もあい変わらずの毎日ですが元気にしています。

昨日(4月26日)朝日新聞 天声人語 を読み、皆様とお話をしたいと思い、 ここに書き連ねてみました。

「人類の長い歴史の中で、古来から人間の定義はさまざまなされてきた。

直立する存在、知恵を持つ存在、笑う存在そして加えて断言できることは、”移動する存在”である。

目的があってもなくても、移動そのものを求めるところが私たちにはあるのではないか。

だからこそ人類はアフリカから世界に渡り、鉄道や飛行機をつくってきたようにも思える。

そんな”移動”の本分を取り戻す日は必ずくる。

なるだけ早まるように、今は我慢の日々である。」

そしてもうひとつ、河合隼雄氏の言葉から

< つまずきイコール発展 >

いきているからには、悩んだりつまずいたりすることもある。 仕事上のつまずき、環境の変化による悩みなど、 「もめごとなしに物事が運ぶことはない」とこの頃思うようになりました。

そしてつまずきつつ発展していくのだと思います。

より正確に言いますと、つまずきイコール発展なんですね。

素晴らしい発展は同時に大きな苦しみを伴う。その時大切なことは、「嵐もいつか終わる時が来る」と希望を失わないこと。

その苦しみをちゃんと引き受けること。自分のやっていることは無意味と思わないこと。

そんな中で、人間は心を使って「生きる」という大事業をやっていくのだと思います。





なかなか先の見えない今の苦しい状況ですが、今、私たちは守るべきことを守って、この苦しさを乗り越えることで、必ず光を見ることができると思っています。

皆様!なんとかして頑張りましょう。!

お身体には十分に気を付けてお過ごしください。

お会いできる日を心から楽しみにしています。

吉岡瑛子
| - | 16:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Recent comment
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM