<< 次亜塩素酸で床を拭き壁を拭いております | main | コロナウィルス対策として プライベートレッスン始めます >>

吉岡先生からメール(2)




吉岡先生からメールがきました

みなさん、ご覧くださいね





佐藤江利さま

東京も今日はとても良いお天気に恵まれました。

毎日をどのようにお過ごしでしょうか?そしてクラスの皆様もお元気でしょうか?

ふと気が付けば、今日は4月4日でした!

例年でしたらまさに春爛漫、桜の花に誘われて楽しい時を過ごす素敵な時期だったのですね。

そのような事にも気が付かず、日々コロナウイルス感染への恐れで、人々の心は固まっている状態が続いている様に私は感じていたのですが、実際は人々にはさほどの思いもなかったんだということに気付かされました。

と言いますのは、今朝テレビで、長い橋の上は溢れるような車の行列を見ました。どこの橋なのかわからないうちに画面は変わってしまいましたが、人々は普段と変わらない行動をとっていらっしゃるようで、実はがっかりしてしまったのです。

都知事、医療関係者から、週末には不要不急の外出は自粛するようにとの強い要請が繰り返されましたが、人々はその必要性を受け止めていなかったように思えたからです。

今、日本中、いえ世界中に多くの死者も出ている状況の中、私たちもその渦中にあるのが現状ですから、なんとかこの状況を収束させるために、するべき事、守るべき事を実行しなければならない時なのです。

昨日のニュースから、アメリカのニューヨーク州とカリフォルニア州との現状には大きな違いがあり、カリフォルニアの感染者はニューヨークの10分の1 ということをしりました。

 それは、カリフォルニアでは、すぐに外出禁止令が出され、皆がそれを守ったから、そしてニューヨークは5日後に同様の措置がとられ、しかし時すでに遅しという結果になってしまったということでした。

見えないコロナウイルスに立ち向かうためには、とにかく、人との接触をできる限り少なくすることと言われています。

ことの収束を待つ心はみな同じと思います。そのために、今私たちがするべき事、守るべき事をしっかり実行しなければならないと思っています。

諸行無常、世の中はすべて変化します。今の状態も必ず変わります。 よく変わるのか悪く変化するのか、それはひとりひとりの意志と行動にかかっています。

「自分イコール世界、どっちを中心に考えても、行き着くところは同じです。」   これは、私の尊敬してやまない河合隼雄さんの言葉です。

皆様にお会いできる日が一日でも早くきますように、それが今の私の心からの願いです。


山梨のヨガスタジオは開講しており、
次亜塩素酸を炊いて、換気をしっかり
気をつけているようです

どうぞ安心して、山梨でのヨガはお続けください

吉岡瑛子
| - | 16:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Recent comment
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM