7月開講日です



7月開講日です

○印は休講日です

黄色の数字の日は

朝10時のクラスがございます

すべて朝10時ラージャヨーガです

7月24(金)はスポーツの日で
祝日ですが開講いたします

日曜日も朝10時開講ですが
マンツーマンのクラス対応です

第5週はいままでお休みでしたが
7月も第5週も全て開講いたします

まだ未定ですが、
木曜日東京のスタジオへ
継続で行くか
今のところわかりません


東京へ行かないことに決定しますと
木曜日は毎週朝10時のクラスを開講します



7月のご予約もどうぞ
心よりお待ち申し上げております
| - | 19:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

光が見えてき…ました?ん?



一昨日5月17日(日)


吉岡先生に電話をして

今後のことをお話ししました
東京のスタジオを
6月の中旬または
下旬からスタートするのはどうだろう?
という話になりました もちろん決定ではなくその時の感染状況を見てです
先生の東京の教室NHK学園が
5月31日までをお休みで

6月1日から再開するそうです

先生の体のことをみなさんが 1番気にしていますと申し上げると

先生がおっしゃりました

「私の一存で行くか、行かないか やるか、やらないか 決めるので、そのことは全く別のことですからお気になさらず。 もし無理だと自分で判断したなら、そのような話を私の方がいたします。 皆さんが無理のないよう、続けられるようでしたらぜひ再開しましょう」とのことでした

電車での通勤は全く気にせず大丈夫だそうです

電車通勤による感染の低いリスクの話を吉岡先生が話してくださいました それよりもいろいろな場所からいらっしゃる方、お越しくださる みなさんのことを 気にかけておられました

6月初旬からスタートは無理ですが、
中旬または一番最後の週から スタートするかもしれません。

いちど再開してみて無理そうだったらまたその時考えてみて…は どうかという話になりました。

それともう一つ吉岡先生から

「怖がってばかりいても仕方がありませんよね」 とのことです

先生とお話しさせていただいて ワタシが受け取った感想は 先生はこの自粛生活にもかかわらずエネルギッシュで、そして誰よりも皆さんのことを大事に考えて 再会する日を待ち望んでいらっしゃるなという感覚を得ました

そして心がとても強く、さすが師匠!
こんなに素晴らしいヨーガの講師が
私の師匠で本当に幸せだと思います

始めるにあたり、
不安もあると思います

5月21日の政府の決めたことを 聞いてからだと思いますが

先生の話だともしかしたら

5月31日を待たずに13都道府県すべてが 解除になるかもしれないし

5月31日まで緊急事態宣言が続き 6月1日から解除になるかもしれませんね、と。

不安だったり怖い気持ちはあると思いますが 怖がっていても仕方がないとおっしゃった先生の一言が とても響きました
| - | 16:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

吉岡先生からメール(7)






佐藤江利さま

その後いかがお過ごしでしょうか? きっとお元気のことと思っております。

今般山梨県は緊急事態宣言からは解放されたのでしょうか?でも相変わらず緊張感のある日々をお過ごしでしょう。

毎日に十分お気をつけてくださいね。

ところで、前回(5月10日)にご紹介しました寺島実郎氏のMXテレビ御覧になってみましたか?

私はそのあと心の中がフと緩んで広がったような気がしました。16日も楽しみにしているところです。

そして例によってですが、昨日(14日)の朝日新聞での記事をご紹介したいと思います。

<コロナに負けず「親切を流行させよう」

 新型コロナウイルスの影響で厳しい環境にいる人たちにささやかな親切を!!

 オーストラリアでこんなフェイスブックでの呼びかけに賛同した人が70万人をこえた。対象は最前線の医師や郵便配達人から経済的に苦しい人まで。小さな思いやりの投稿が共感を広げている。

 「私たちを(だれかと)つなぎ続けてくれてありがとう」。メルボルン郊外の女性は、外出規制が続く4月の朝、自宅の郵便受けの前にメッセージとチョコレートをおいて待った。通りがかった配達人に「これをどうぞ」と渡した。

 「カインドネス・パンデミック(親切を流行させよう)」というフェイスブックのページの投稿だ。これはメルボルンの別の女性が3月14日にページを開設。

 医療スタッフを支援する別のページもある。「時間のない医師や看護師の買い物を代わってあげた」などの投稿がつづく。             (シドニー)

今は一人ひとりそれぞれ強い緊張感の中で暮らしています。

茂木健一郎さんが、”時にはコロナのことを考えないで”とおっしゃっていますが、現実はそれが大変難しい状況です。

でも思いがけなく人のやさしさに触れることができたときに、心が和み感謝の気持ちさえ生まれます。

苦しいのは自分だけではないと思えば、人への思いやりも生まれます。 小さな小さな思いやりと感謝の心を大切に持ち続けることで、全体が一つにまとまり、今の苦しさから抜け出す力にもなると思っています。

お身体にも十分お気をつけてください。

吉岡瑛子
| - | 14:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

吉岡先生からのメール(6)



佐藤江利さま



ご無沙汰いたしました。お元気にお過ごしと思います。

本日(5月10日)朝日新聞で以下のようなコラムを見つけました。 もうお読みの方もいらっしゃるかも知れませんが、ご覧になってください。

天然痘撲滅と「同じ連帯を」

人類が天然痘の撲滅を宣言してから40周年となった8日、世界保健機関(WHO) のテドロス・アダノム事務局長は定例会見で、「(当時と)同じような世界の連帯」が必要とされていると訴えた。  テドロス氏は、天然痘撲滅の成功を「歴史上、公衆衛生の偉大な勝利」と位置付けた上で、感染者の把握や接触者の追跡、大衆への啓発などは新型コロナとの闘いでも共通していると指摘。ワクチンができたとしても十分ではなく、「天然痘との闘いで勝利を決定づけたのは世界の連帯だ。」と強調した(ウイーン)

以上で述べているように、すべての人々がますます心を一つにして、するべき事、守るべき事を実行することが、今まで耐えてきたことが水泡に帰さずに済む、コロナの終息につながるのだと私も強く思います。

そしてもう一つ、友人から下記の情報を得ました。ご興味がおありでしたらご覧になってください。

寺島実郎 TOKYO MX1(地上デジタル9ch) 「ポスト・コロナへの視界」(5月10日)20:00〜21:00 「世界の中の日本ーコロナを越えて(5月16日)20:00〜21:00)

世の中は春真っ盛り、一日も早く心身共に開放されたいですね。 お体に気を付けてお過ごしください。

吉岡瑛子
| - | 21:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

6月開講日です



6月開講日です

○印休講日

○印のついていない日は
全て開講いたします

黄色の数字の日は全て
朝10時開講いたします


木曜、日曜も開講です

なお、6月もプライベートレッスンのご予約も受付ております。
不安な方は是非プライベートレッスンにいらしてください

また、レッスンのない時間にも
対応させていただきますので
ご遠慮なくお問い合わせください

ご予約心からお待ちしております
| - | 14:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ゴールデンウィークプログラム終了しました



5月2日から始まった

ゴールデンウィーク

スペシャルプログラムも

本日5月6日(水)で

無事に終了いたしました


期間中にいらしてくださった

お一人お一人様

本当にこんな時期に来てくださって

心より感謝申し上げます

感謝しかございません




ほとんど

マンツーマンのレッスンでした

最初は緊張する方もいらっしゃいますが
いかがだったでしょうか…えへへへ笑

| - | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

紫外線が人類を救うこれだけの根拠





 デイリー新潮は3月30日に『新型コロナ、4月終息説は本当か ウイルスを衰えさせる“湿度”と“紫外線”』という記事を配信した(週刊新潮4月2日号記事の転載)。ここで紹介しているのは、長野保健医療大学特任教授の北村義浩氏による以下の見立てだった。

「4月の紫外線はまだ弱く、ウイルスを死滅させるには日光を1時間以上当てないといけません。しかし、6月になれば紫外線量が飛躍的に増え、実験室で使う紫外線と似た効果が期待できる。本格的に終息しはじめるのは5月末から6月頭だと思います」

 紫外線が人類を救う――。とはいえ、世界からは日々、戦慄を覚えるような数字が届けられる。欧米での感染拡大状況を見るかぎり、日本にも欧米並みのロックダウンが必要だ、という声がもっともらしく聞こえる。

 日本を含めた各国の状況をまとめたのが掲載の表だが、ある医師は“楽観的な見通しが立つと考えても、外れたときにどんな非難を浴びるかわからないから”と匿名を条件に、次のように語る。

新型コロナ、紫外線が人類を救うこれだけの根拠 他国の感染状況から見る「6月終息説」

【表】新型コロナウイルス感染状況 「感染者が爆発的に増えた国、人口当たりの死者数が多い国は、これまでの季節、気温が低く乾燥していた欧米諸国ばかりなのです。一方、台湾や香港のほかタイ、ベトナムなど温暖で湿潤な東南アジア諸国は、当初は欧米諸国より感染者が多かったし、衛生環境も欧米よりよいと言えないのに、感染者の増え方は鈍い。日本もこれらの国や地域と同じ傾向と思われます」

 として、やはり紫外線の効果に言及するのだ。

「いまの世界の感染状況を見るかぎり、信憑性があると思わざるをえません」(同)

 北村氏が改めて言う。

「緊急事態宣言後、国民一人一人が徹底的に自粛できれば、最も早くてGW明けごろに新規の感染者ゼロもありえます。また、紫外線を30分当てると、コロナウイルスを無害化できることがわかっているので、紫外線の量が増える5月末から、感染者数が落ち着く可能性はあります」

 もちろん、これから冬を迎える南半球は予断を許さない状況だ。過度な楽観は禁物だが、日本に限れば、恐怖を煽る論調に流される必要もないのではないだろうか。4月9日発売の週刊新潮では、新型コロナウイルス特集「『緊急事態宣言』を生きる」を14頁にわたり掲載する。

「週刊新潮」2020年4月16日号 掲載 新潮社
| - | 15:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ステイホームの過ごし方



2020/04/30

全国的に緊急事態宣言が続いている中

皆さんは、お家タイムを

どのようにお過ごしでしょうか



部屋の片付け、断捨離をしながら

まだ完全とは言えません


まだまだ断捨離は続きますが

私は家の庭で

一休と一緒にランチか

ブランチをすることが多いです




自分で作ったご飯(残り物 笑)

たまに近くのお店で買った

サンドイッチと飲み物で

お天気の良い日は

一休と庭で食べています



くれくれ星人 一休

一休は

今年の4月22日で満1歳になりました

去年の今頃がこの状況だったら

私は犬を迎えることが

できなかったんだとつくづく

思っています

一休はワタシのもとに来るように

なっていたとしか言いようがないです

一休、本当に生まれてきてくれてどうもありがとう

そして郷子ちゃんとの
出逢いに感謝しかない。



来る日も来る日も家にいて

誰にも合わず

どこかに出かけることも決してない

感染したら困るし

感染するようなことは絶対しない




町田の先生がこう言っていた

人間の我慢はどんなに長くても3ヶ月が限度なんだそう

それ以上の我慢が続くと

うつ病を発症しやすくなるそうです

もちろんみんながみんな

うつ病になるわけではないけれども

コロナはいずれ収束しても

うつ病になってしまったら

うつ病は必ず再発しますから。



こんな状況ですので

お家で料理をするようになったり(料理とは言えない代物です)

うちで楽しく過ごす方法を考えています



一休と

家の近所をいつもよりも

回数多く散歩するようになり

一休と歩いていると

いろんな発見があったり

一休から教えてもらうことがとても多いです

一休、一緒にいてくれてどうもありがとう。これからもよろしくね
| - | 15:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

吉岡先生からメール(5)



佐藤江利さま

おはようございます。お元気にお過ごしと存じます。

私もあい変わらずの毎日ですが元気にしています。

昨日(4月26日)朝日新聞 天声人語 を読み、皆様とお話をしたいと思い、 ここに書き連ねてみました。

「人類の長い歴史の中で、古来から人間の定義はさまざまなされてきた。

直立する存在、知恵を持つ存在、笑う存在そして加えて断言できることは、”移動する存在”である。

目的があってもなくても、移動そのものを求めるところが私たちにはあるのではないか。

だからこそ人類はアフリカから世界に渡り、鉄道や飛行機をつくってきたようにも思える。

そんな”移動”の本分を取り戻す日は必ずくる。

なるだけ早まるように、今は我慢の日々である。」

そしてもうひとつ、河合隼雄氏の言葉から

< つまずきイコール発展 >

いきているからには、悩んだりつまずいたりすることもある。 仕事上のつまずき、環境の変化による悩みなど、 「もめごとなしに物事が運ぶことはない」とこの頃思うようになりました。

そしてつまずきつつ発展していくのだと思います。

より正確に言いますと、つまずきイコール発展なんですね。

素晴らしい発展は同時に大きな苦しみを伴う。その時大切なことは、「嵐もいつか終わる時が来る」と希望を失わないこと。

その苦しみをちゃんと引き受けること。自分のやっていることは無意味と思わないこと。

そんな中で、人間は心を使って「生きる」という大事業をやっていくのだと思います。





なかなか先の見えない今の苦しい状況ですが、今、私たちは守るべきことを守って、この苦しさを乗り越えることで、必ず光を見ることができると思っています。

皆様!なんとかして頑張りましょう。!

お身体には十分に気を付けてお過ごしください。

お会いできる日を心から楽しみにしています。

吉岡瑛子
| - | 16:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

マスクをいただきました



4月22日(水)

夜のレッスンにいらしてくださっている
i様の手作りの可愛らしいマスク

2枚もいただきました〜



鼻の部分にはワイヤーを入れてあり

プリーツもちゃんと作ってくれていて

引っ張ると顔にぴったり沿い

耳の所も痛くないよう

調整ができるようになっていて

すごく使い心地がよかったです

見た目も可愛くおしゃれで

毎日手洗いして

清潔で、ずっと使えます

とってもうれしかったです

i様ありがとうございました

| - | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Recent comment
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM