悲しみの中で



6月21日(木)

東京から帰ってきて
今までならボブが待っている
事務所に行ってボブを抱っこして
お世話させてもらっていたことがもうできなくなってしまったこと

ボブは、もうこの世にはいない

あらためて、もう いないんだと実感する

ボブが死んで、まだ2日しか経っていないのだから 仕方ないとはいえ

このところ泣いたり

ジメジメしている内容のブログを書き、読んでくださる皆様に悲しい気持ちにさせてしまっていると思うと

じゃぁ、そんな時はブログは

書かなきゃいいじゃん

と思うのですが ブログを書くことで
皆さまに読んでいただくことで

身勝手ではありますが

ワタシ自身の気持ちの整理が出来るような気がしております


仕事をしているときはよいのですが
夕方から夜になっていくと

気分がどんどん下がってしまう

言いようのない不安と辛さと悲しさと苦しさで涙がポロポロ出てきます

14年も一緒にいた家族であるボブがいなくなってしまいワタシは今 途方に暮れています

自分の感情を受けとるだけで
もう精一杯で、あれ以来食事が摂れなくなってしまいました

睡眠はできているので まだ良いのですが…

たくさんの励ましの言葉や

優しい気持ちをいただいたり

友達から「無理しなくていいんだ」
と言う言葉をもらったり

優しいお心遣いを頂戴したり 本当に恵まれていると思います

1日も早く元気になって

一歩ずつ歩き出せるようにしたい


泣いてばかりいたらボブがあの世へ旅立てないことは わかっていますが
どうしようもない暗いトンネルの中を
歩いても抜け出せないような気持ちです
ガンと告知され、余命を言われた時から覚悟を決めていたはずだけれど
ちっともできませんでした

それは
ワタシにとってボブは
大切な家族であり私の命の恩人のような存在だったからだと思います

ふとした時にどうしてもボブのあの最期の夜の映像が出てくるし
ボブの手を握っていた感触
見えないはずの両眼でこちらをじーっと見て一生懸命呼吸していたあの姿
立ち上がれるはずのないボブが立ち上がろうとしたこと
柔らかい毛の感触や 体温


そして
いろいろなことが後悔することばっかりで、自分可愛さにボブのことをあまり考えてやらなかった…と。

薄情な冷たい人間だと
自分を責めたり

「時間が妙薬」

になるのもわかっているけれど

つらいものですね
| - | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

Venty ソイ ラテ 笑



6月21日(木)

おはようございます


今朝も スタバ エチカフィット銀座店
におります

最近 朝はこの店が多いかな

地下鉄構内にあり 落ち着く スタバなんですよ

相変わらず

食事が食べられなくて

これは いささかマズイ状態なので

栄養補給に

ソイラテの特大サイズ (Venty )バニラシロップ 1プッシュカスタマイズにしてもらいました

妹から以前もらった

ドリンク一杯無料チケットを使わせてもらって こんな豪華なドリンクで
朝からから元気注入です

みーちゃん ありがとう



あれだけ好きだった読書なのに

いまは 文字を追うことができないし
頭に入ってこない

昨日はあまり泣かずにすみました

でも しばらくは 自分の感情と素直に向き合っていきたいと思います

我慢しないで

| - | 08:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ボブに お花を いただきました



6月20日(水)

毎週水曜の夜のレッスンにいらしてくださっている Mさんから ボブちゃんへと言ってお花をプレゼントしていただきました。

気持ちがすーっとなるような
可愛らしいアレンジ フラワーです



Mさんのお家でも

トイプードルの愛犬ココちゃん
5歳の 女の子がいらっしゃるそうです
写真で拝見しましたが美形のココちゃんでした

「ボブとココちゃんを重ねて見てしまう」と言ってくださり

ボブが闘病中
いつもMさんの優しい眼差しと
お声をかけてくださっていたMさん
本当にありがとうございました。
心より御礼を申し上げます

また

ボブも ワタシも本当に幸せ者
だなぁ~とつくづく思います

| - | 22:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

何も起きず、普通に、淡々と過ぎる日常



6月20日(水)

今朝目覚めたのは11時でした

いちど目覚まし時計が鳴りましたが体が重すぎて起きれないため
うたた寝をしたところ11時になっていました

とても怠惰な生活ですが、
日曜日と月曜日が睡眠がほとんど取れていないため今日は体を大切にするんだという名目で自分を甘やかしました

午前中のレッスンがなかったので
こんなにゆっくりすることができました
ボブが死んでも睡眠はちゃんと取れるのでそれだけは良かったと思っています
食欲が一切なくなってしまい
飲み物を飲むことがやっとですが
そのうち食事が出来るようになればいいなと思っています

教室に来てくださる方々のおかげでレッスンをすることができ
いらしてくださる皆様からパワーをいただいていますのでレッスンは集中して行うことができています

ふとした時に
涙がこぼれ
今朝も起きた時 「ボブぅ ボブぅ」と名前を呼んで いるはずのないボブを
探してしまいます

ボブのお世話をさせてもらうことで
それがワタシの支えになっていたのに
もうそれをすることもないのだな…
と「現実」を感じています


「淡々とした何も特別なことがない日々、ボブがいて、普通に家族がいて、仕事があって、歩くことができる」

今、目の前に起きている最高の幸せです
失って あらためて気づく
それこそが幸せの本質であること

「何も起きないことがどれほど幸せであるか」
ということに 私たちはなかなか気がつきません。
毎日が、淡々と平凡に過ぎていくことが、実は幸せの本質なのかもしれません。
| - | 17:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

夜になるとツライ



今日はボブが亡くなった日だから

仕方がないだろうけど


レッスンが終わり

教室で1人になって

夜になると

とてつもなく

悲しみと辛さがこみ上げてくる

ボブがいない

ボブはいないんだ

大粒の涙がボロボロこぼれてくる

そのうち嗚咽を漏らして泣いてしまう
いるはずのない事務所に行って

ボブがいないことを確かめる

昨日までここにいたはずのボブがいない


この机の脚あたりで

ボブは息を引き取った

昨日はこの机の椅子に座って

ボブと2人でずっと一緒にいたのに

センチメンタルになっているわけではなく 理解ができない

なぜボブはいないんだ

自分でも引くほど泣けてしまう

嗚咽を漏らして泣いてしまう

今夜はボブがそばにいるはずなんだ
だって今朝亡くなったんだから



毎晩のように

自宅と教室前のこの街灯近くでお散歩していたよね?

ね、ボブ いっしょにいたよね?

ボブの柔らかい毛の感触

ボブの匂い

どうしていないんだろうか?

死んだからいないんだ


2日連続睡眠が足りないからこんな状態になってしまうんだ!
と自分で自分を納得させて

自宅に帰る

帰ったら帰ったで部屋でボブの名前を叫ん で大泣きしてしまう
いいのだ

今日は思いっきり泣こう
| - | 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ボブへ お悔やみのお花



6月19日(火)

教室にいらしてくださっている

MN美さんが こんなにすごい花を
ボブちゃんへと言ってわざわざ
届けに来てくださいました


ブログを毎日読んでくださり
ボブの状況を心配してくださっていて教室にいらっしゃった時も支えになる言葉をいただいていました


まさか

ボブへ花を

なんて思っていなかったものですから
そのお気持ちに

涙が出ました

母も泣いていました

こんなにも皆さんから可愛がられるボブは幸せ者です



M N美さんからお手紙も!

達筆な美しい字で 人の気持ちをいたわる優しい言葉が羅列されて 今のワタシにジーンと響いています

ボブを看取れず

後悔の残る話をしたら

M N美さんは

「ボブちゃんは、誰にも看取られないで
1人で旅立ったのは みんなを悲しませないため人がいなくなった瞬間にすっと逝ったんだと思いますよ」

と おっしゃってくださり

泣いてしまいました

M N美さん 真心を本当にありがとうございます

がんばります
| - | 21:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ボブ 火葬してもらいに…



6月19日(火)

午前中のレッスンが終わってから

午後13時くらいに 笛吹市の甲府、峡東クリーン センターへ
ボブの火葬をしてもらいに行きました
行きのクルマの中でボブの手を握って
行きました

どれだけ涙が出るのか?

ってくらい泣いています

(困ったものだ)



ここで受付して

ボブを預けます



あっけなく終わり

祭壇もなく

聞いていた話とは違い

帰りに 肩を落として

抜け殻みたいな感じになりました



今日の山梨は 朝から快晴で

ボブはこの日を選んで旅立っていったのですね

ボブがいない日常が

今のワタシには 理解できないけれど
認め、受け止めなければならないですね
ワタシにとっては

命の恩人のようなボブだったから

そのボブがいないことが

まだ 実感が無いのです





| - | 14:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ボブ 旅立ちました



6月19日(火)

早朝 6時半前に ボブはひとりで

旅立ちました

ワタシが 事務所から 部屋に戻った

ほんの1時間足らずの間に

亡くなりました




看取ってやることが

できず

心残りはありますが

昨夜 いっしょにいれたので

よかったと思います

ボブは14年の犬生でした

このブログを読み

いつもボブのことを支えて下さった皆様に 感謝の気持ちでいっぱいです


獣医師の先生

犬の美容室 ポッケの先生

葉山のM美ちゃん

ボブにいつもプレゼントをくれたYさん

優しい言葉をかけてくださった方

心配の言葉をかけてくださった方

お一人お一人の存在のおかげで

ボブも ワタシも そして家族も

頑張ることができたと思います

心より感謝申し上げます

ありがとうございました
| - | 06:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ボブ まだ生きています!



おはようございます

今朝は6月19日(火)になりました

今朝の山梨の朝はひんやり肌寒いです
昨日は深夜12時40分から

3時くらいまで事務所にいました

ボブの気道を確保するため

首の角度を タオル枕で筒状に作り

試してもらうたび

ボブに怒られながら

何回か作り直しました 笑

葉山のM美ちゃんとLINEしながら

M美ちゃんのアドバイスをしてもらいました

M美ちゃん 本当にありがとう




今朝 4時44分に目が覚めて

ほとんど1時間弱しか寝てないですが

走って事務所まで行くと

ワタシの作った高まくらから

ボブの頭が落ちていて

また角度調整しました

抱き上げると

すごい声でまた鳴くので

昨日は抱っこが良かったけれど

今朝のボブは 抱っこされる首の角度が

お気に召さないようでした 笑


今朝のボブは

昨日の首の角度と違い

少し浅い方が良いようです

この角度で寝ていると

呼吸が比較的しやそう

手を握ったり体を触ったり

「大丈夫 いるよ」と

声をかければちゃんとそれに

応えてくれます

生きているって本当に凄いことです

「今日寝たら 明日目が覚めるわけではない」

そんなことを感じる

6月19日(火)朝5時19分

ボブは まだ生きています

今日は朝からレッスンですがそれが終わったらずっとボブと一緒にようと思います

ボブ がんばれ!

最期までいっしょだよ!
| - | 05:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ボブと2人に



6月18日(月)

夕方に急いで帰ってきました

家に荷物を置いてすぐに事務所に行くと

ボブは、今まで見たこともない

だらっとした寝方をして

すぐにボブを抱き上げたら

ボブがものすごい鳴き声をだしました

聴いたことのない 悶絶する鳴き声で
ワタシが帰って来るのを待っていてくれました

床に置いて上げるともう立ち上がることができないのに一生懸命立ち上がろうとしました

水を飲ませてあげるとがぶがぶ飲み
その後バタンとひっくり返ってしまい

また悶絶の鳴き声をだしました

その後 ピタリと呼吸が止まったように
なり、静かになってしまい

ワタシは一緒に何が起きているのか

わからず ボブの名前を泣きながら

気が狂ったように 呼び続けました

ふーっと 大きな息を吐き出したボブ

心臓マッサージなのか?

自分がしたのに

もはや何をしていたのか思い出せませんが 体を触ったりなでたりしてボブの名前を呼び続けました

怖かったから、一目散に
自宅に戻り母を呼びよせました

母は泣きながら 一緒に事務所にきてくれました


出かけていた父も事務所に来てくれました

みんなでボブに話しかけました

両親にはこの状況に付き合わせるのは可哀想だし、申し訳ないので そこから夜の11時まで ワタシはひとり
事務所でボブと一緒です

父も母も気になって何回も事務所に
来てくれました

夜の11時に母が事務所に来てくれて
「一度自宅に帰りなさい」とのことでした。
もしかして長丁場になるかもしれないので お風呂に入り、身支度を整えて
今また事務所にひとりでいます




夕方には失禁をし

最期のときに 脱糞してしまう状況が続いています


事務所にボブと2人にさせてもらって幸せです


だってボブにたくさん話しかけてあげられるし人には聞かせたくない話もボブと2人だと話せるから


たくさん ボブの名前を呼んで

ボブを抱っこして

もう自力では起き上がれないけどボブを両手で支えて起こしてあげると
ワタシの姿は見えない両面をまっすぐ見開いて何かを訴えかけています
なのでワタシはボブにたくさんの感謝の言葉を言っています
こうやって実況中継のように淡々とブログを書いているのもいかがなものか?
と思う反面

こうやってブログを書かせていただいていることがいまのワタシの支えになっています

お読みいただいている方本当に辛い内容申し訳ありません

現在深夜1時32分

まだボブはしっかり心臓が動いて
がんばって生きてくれています

最期の最期まで 闘う姿をみせてくれているボブ

虫の息だけど

こうやって一緒に過ごせるこの時間を大切にありがたく感じています
| - | 01:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Recent comment
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM